血液透析

血液透析とは?

血液透析は、ポンプで血液を体の外に出し、「ダイアライザー」と呼ばれる透析器に血液を流すことで、身体にたまった余分な水分や毒素を除去する治療法です。きれいになった血液は再び体内に戻します。

治療は1回に46時間、週に3回、病院で行います。透析中はベッドに横になるか座った状態で過ごします。透析に必要な血流を得るために「シャント」手術を行います。手首あるいは肘付近で動脈と静脈をつなぐことにより、動脈の血液を静脈に流します。こうすることで、簡単に透析に必要な十分量の血液を得ることができるようになります。

慢性腎不全の治療として日本で一番普及している治療法です。当院では超純水を使用し、最新の機械で作成した安全な透析液を使用しています。
お問い合わせ
ページの先頭へ